リスティング広告には基本とポイントが大切です

リスティング広告を利用してる企業は、増加の一途をたどっています。しかしながら、とりあえずやってみてにて成果があがる方法ではありません。基本とポイントを押さえればリスティング広告を軌道にのせることができるのです。「キーワード」は、リンク先などの要素もありますから重要です。リスティング広告の運用方針は、目的・目標によって大きく変わってきます。具体的には、掲載すべきキーワードの種類や登録するキーワードの数が違ってきます。

 

目的としているのが売り上げの拡大や高い獲得件数の目標であるならば、検索数の多いビッグワードの実施やキーワードを絞らないことで広告の表示する回数やクリック数を増やす必要がでてくるのです。

 

一方効率化が目標であれば、1件当たりの獲得単価は守っていきたいのであれば、競争環境が厳しく競合が予想されるキーワードは避けて、クリック数も抑えておくことが大切になります。もし、目的・目標がなくとりあえず予算だけ決まっている場合は、まずは目標を定めることから始めましょう。

 

自社の強みや競合・市場を考慮した動きをとることがポイントになります。これらは、戦略・戦術に役立てるフレームワークになります。顧客は、どんなキーワードで検索してくるだろうとまず考えるのです。リスティング広告の掲載はあくまで他社との競合であることを忘れてはいけません。顧客が検索して、自社の持っているサービスに該当していても、競合が非常に厳しかったり、競合他社が多すぎる場合は効率が悪くなって、コストばかりかかる状態になってしまいます。この場合には、ポイントを変えてキーワードを見直すか、サイトの切り口を変えてみる必要がでてきます。

 

これを回避するためには、ユーザーのニーズがあり商品・サービスの強みを自社で持っており、他社と比べても勝てるという見込みの高いキーワードを考えるべきです。リスティング広告を始めたばかりでは実績がないので、データが取得できていません。リスクを負ったチャレンジになるからこそ基本とポイントを押さえた対応が必要になります。

Comments are closed.